今週のファミ通(週間ファミ通2021年12月30日号(2021-12-16))

今週のファミ通を早速読みましたので、その感想を綴りたいと思います。

今回の特集は、前半DMMゲームズ、後半はファイナルファンタジーピクセルリマスターについてでした。

DMMゲームズは、これまでとこれからという、よくある話で、艦これや刀剣乱舞についてや今後のタイトルの展開の話が綴られていました。

個人的には、あまりPCでゲームをしないため、DMMのゲームはしないため、印象があまり無い、というのが本音。

ブラウザゲームは、ソシャゲの作りなので、基本単調で周回というイメージなので(たぶん、食わず嫌いです。。)今後のタイトルラインナップを見てみても、あまりプレイはしないかなと思いました。

そういえば、この記事を参照していて気づいたのですが、刀剣乱舞のアクションゲームである「刀剣乱舞無双」がSwitchだけでなく、PCでも発売されることに気づきました。
Switchの動画は中々厳しい評判ですが、PCだと解像度やポリゴンいっぱい使用可能なので、期待したいところです。

ファイナルファンタジーピクセルリマスターについては、正直なところもうFFⅥまで(FFⅥは未発売)出揃っているんだと感じました。

あまり広告展開されていないのか、家庭用ゲームばかりしかしないのかは分からないのですが、発売されていることを知らないユーザさんが多いのでは?と感じました。

また展開されているハードが、PC&スマホということもあり、PSやSwitch側などに横移植されていないのも、何ともなぁと感じた次第です。

正直時間あればプレイしたいと思っていたのですが、ハードを見て今回はプレイしないだろうなぁと思ってしまったのでした。

新作記事も数記事ありましたが、個人的に気になったのは「ロードス島戦記 ディードリット・イン・ワンダーラビリンス」というメトロイドヴァニア風な2Dアクションゲームです。

メトロイドヴァニアは好きなので(数自体はそこまでプレイしていないにわかです。。)、あと独特なドット絵グラフィックも好みな感じで、そそりました。ロードス島戦記を未履修なのですが、そのあたりはどこまで楽しめるのかな?と感じています。

そのあたり、プレイされた方などいらっしゃいましたら、教えてほしいところです。


本記事は、以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
でわでわっ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。