【OVERWATCH2(オーバーウォッチ2)】感想・評価・レビュー

どうも!しらせです。

今回は2022年10月5日からサービスが開始されました『OVERWATCH2』をプレイした感想、レビューを綴っていきたいと思います。

私自身前作をプレイしたことがなく、シリーズ初心者の目線で綴っていきたいと思いますのでご了承ください。

本作はクロスプレイに対応しており、設定でクロスプレイを有効・無効にすることが可能です。

対応プラットフォームは下記になります。
PS5、Nintendo Switch、XboxSeries X|S、Battle.net(PC)

1.スペック

クリックで展開します!
下記情報は記事公開時点の情報となります。
公式サイトhttps://overwatch.blizzard.com/ja-jp/
タイトルOVERWATCH2
ジャンルチームシューター
画像の出典画像はハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

2.どんなゲーム?

【STORY】(公式サイトより引用)
「オーバーウォッチ 2」は基本プレイ無料のチーム制アクションゲームです。近未来を舞台とした本作では、5対5の白熱した戦いが繰り広げられます。自由自在に時空を行き来するトレーサーに、ビートで仲間を盛り上げるDJのルシオなど、30人以上の個性豊かなヒーローを駆使して、世界中の戦場で火花を散らしましょう。

最近バトロワばかりだったので、逆にチームシューターが新鮮な気持ちでプレイできます

さてさて実際にどんなゲームなのか、みていきたいと思います。

■ゲームの流れ

ゲームのルールが下記8種類あり、それぞれ5VS5に分かれてゲームを行います。


プッシュ今作からの新モード。ロボットを奪い合い、敵の拠点まで進める
コントロール共通の目標をめぐって2チームが競い合う。2ラウンド先取制
エスコート攻撃チームはペイロードを守りながら、目的地点まで運びます。防衛チームはペイロードを食い止めます
ハイブリッド攻撃チームはペイロードを確保し目的地点まで運ぶ。防衛チームはそれを阻止
キャプチャー・ザ・フラッグ自チームのフラッグを守りながら、敵チームのフラッグの奪取を目指す
エリミネーション敵を全員倒せばラウンド勝利。3ラウンド先取したチームの勝利。1、3、6人チームでプレイ可能
デスマッチプレイヤー全員がフリーフォーオール方式で戦い、最初に20キル到達すると勝利
チーム・デスマッチチーム対抗戦でキル数を競う

新モードのプッシュのロボットが移動する様子は中々可愛くて好きです~

■ヒーロー(キャラクター)について

本ゲームではロールと呼ばれるタンク、ダメージ、サポートと各ヒーローで役割が異なっているため、自分がどの役割を選択するのかも重要な要素となっています。

初心者はまずダメージのヒーローを選択しておくのが無難だと思いました。それでゲームに慣れてから、タンクやサポートと色々な役割のヒーローに触れていく感じが吉です。

自分の好みを使うのも良いですし、チームメンバーに合わせて変更するのも良い感じです。チーム内で同一キャラクターを選択出来ないため、椅子取り合戦状態です。

ちなみに試合中でも拠点に戻ることでヒーローの変更ができるため、状況や相手に寄ってどんどん変更するのが良さそうです。

各ヒーロー毎に武器&アルティメット、アビリティ、パッシブと内容は様々なため、予習は大事です(#^.^#)まぁ、習うより慣れろ!の部分は強いと思いますので、プレイを継続してどんどん慣れていくのが良さそうです。

どのヒーローを使えば良いか迷っている方は別記事でオススメヒーローを紹介していますので、コチラをご参考ください。

■チュートリアルはある?

移動から攻撃やアビリティ、またコミュニケーションの操作など基本的な操作方法を学べるチュートリアルがありますので特に操作に困るということは無さそうです。ルールの説明はありませんでした。

■アクションどうなの?

思っていたより移動もスムーズなのでストレスなく操作でき、動かしているだけでめちゃくちゃ楽しいです。

エイムについてはゲームのコントローラーでプレイしていますが、それなりにキルが出来ているため、違和感なくプレイできています。(まぁまぁ当たりませんが笑)

本ゲームは基本FPSですが、そもそも銃を持っておらず近接で戦うことしかできないヒーローや、サポートでひたすら味方を回復するという立ち回りも要求されるので、ただ銃を撃つだけは楽しくない・飽きてしまうという人でも楽しめると感じました。

移動やジャンプ、武器の使用・変更などの動作は軽快で5VS5でリアルタイムで戦闘していますが、ラグさを感じることは一切ありませんでした。(PCやネットワークの回線状況に寄るので、人それぞれかと思います)

3.良い点・印象的な点

3-1.アクション

フレームレート優先設定に設定していることも相まって、操作がヌルヌルで楽しいです。

あと、エイム力が無くても敵に攻撃が割りと当たるため、その辺りシビアなエイム合戦にストレスを感じる人にはGoodだと思いました。

3-2.気軽にプレイ可能

『基本プレイ無料』タイトルのため、気軽にプレイ可能です。過去作から人気のためプレイヤー数が多いですが基本プレイ無料タイトル化したため、一層プレイヤー数は増加しているかと思います。

あと1試合あたりの時間も大体のルールで5分もあれば終わるので忙しい社会人の方にもぴったりだと思いました。

3-3.マッチングが早い

人口が多いためマッチングは普通に早いです。一部時間帯によっては全然マッチングされなかったりもありますが、その際は一度マッチングを停止→再開ですぐマッチングされました。

一部ロール指定する『ロールキュー』など特定のモードではマッチングが少しかかることがあります。

3-4.ヒーローのアンロック

アンロックが試合数となっているため、ただ遊んでいるだけでどんどんと使えるヒーローが増えていきます。

課金したり、長時間プレイして交換するゲーム内通貨でキャラクターをアンロックするゲームが多い中、これはありがたいです。しかし、どうやって売上を確保しているんでしょうか。。(たぶん課金アイテムでがっぽりです)

4.不満点・改善してほしい点

4-1.UIの文字やアイコンが小さい

プレイするディスプレイの大きさで異なりますが、あまり大きくない画面の場合表示される文字やアイコンが小さいため、見るのが辛い場面があります。

文字サイズ等を大きくするオプションは無いため、追加されるとユーザビリティの向上につながると感じました。

5.まとめ

前作からタイトルこそ知っていましたが、中々プレイする機会がありませんでしたが、今作は基本プレイ無料化となり、手が取りやすくなりついついプレイしてしまう→抜け出せなくなるという連鎖に上手く取り込まれた次第でした。

プレイする度にモードが増え、ヒーローが増え、できることも増えていくその循環がとても心地よく、ベースとなるアクションの作り込みも良いため、何度もプレイしたくなる、辞め時を失ってしまうそんなゲームでした。

本作のポイント

●老舗チームシュータ新作
●ヒーロー毎の異なったアクションが秀逸

来年2023年にはストーリーモードも追加されるとのことで、続報を期待したいと思います(#^.^#)

本記事は、以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
でわでわっ!


©2022 Blizzard Entertainment, Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。