PSVR2開発中&PSVRレビュー

ついに公になりましたPSVR2の開発中との情報。
実際に持っている方はある程度VRというものがどうなのかはわかるかと思います。
また、PSVRという製品がいかに発展途上の製品かということについても。

PS5との接続のためのアダプタの配布の件もあったため正直PS5も当面は今のPSVRを利用すると思っていたのですが、どうも違うようですね。
まだ詳細は不明ですが、最近発売されたオキュラスクエストであったり他のメーカ製品もどんどんと新製品を出しているあたり、Sonyも今の時代に見合った製品の開発をしているのでしょうか。

と、あまりPSVR2についてはまだ開発していますよ、程度の情報だけでしたので、この際に実際に使用した所感を記載していこうかと思います。正直持ってはいるのですが、あまり利用しないため、デメリットの方が大きかったのかなとも思います。ただ、人によるところも大きい製品かと思いますので、まだ触れたことの無い方は、体験会(は最近あまりやっていないですね)であったり店頭で触れるところで是非体感してみてほしいです。

1.PSVRのメリット

なんと言っても自宅にいながら、没入感ある遊園地のアトラクションのような体験を楽しむことができる!ことに尽きるかと思います。ゲームだけでなく、映像コンテンツもあるので、あまりゲームはしないよ、という人でも楽しめると思います。(本ゲームブログを参照いただきありがとうございます(*^^*))
コンテンツ数が多くは無いですが、色々な作品であったりゲームであったりは作られているので、どれか知ってたりするものはあるのではないかと思います。

また、実際に持ってる人はわかると思うのですが、意外にも無料コンテンツがあったりとするため、少しお得感があります。以前だとシン・ゴジラであったり、創聖のアクエリオンだったりとメジャータイトルのコンテンツも公開されておりました。

2.PSVRのデメリット

装着感&ピント、ケーブル接続が挙げられます。PS4本体程度する価格をデメリットと感じられる方もいるかも知れませんね。
ただ大きなデバイス系VRの価格帯では、まだ安い方(ただしPS4本体の価格を含めると同程度だと思います)
詳細は下記に続いて記載しますね。

●装着感&ピント

どうしても改善し辛い、装着感とピント。人の頭のサイズによるものなので、大きい方や小さい方は、装着感が微妙という声も多く聞きます。私自体普通の頭のサイズを自負しているのですが、めちゃめちゃしっくりきた!ということは正直無かったです。
ただ、時間につれ、慣れてくるのか、あまり気にはならなくなってきます。
それ以上に気になるのが、『ピント』問題。
メガネは掛けておらす、裸眼で、視力は良い方なのですが、その状態でピントが合いづらいという問題が生じました。もちろんこのピントを調整する機構もPSVRの中にはあるのですが、目の前にあるダイアル程度なので、あまり調節できないです。
それに加え、ヘッドバンド(装着時に頭を固定する)側をギュッとしたりして、頑張って調整する必要がありました。

上記このピントの調節を毎度調節しないといけないので、もうお気づきかもしれませんが、正直面倒です。
しかも調整しても完璧に調整できた、ということにはならないのがPSVRの醍醐味かもしれません。
更にこの調節の手間に拍車をかける準備イベントがあります。そちらは次の項目にて。

●ケーブル接続

本体とPSVRとHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を接続するケーブル達が多くて毎度準備するのが面倒です。
また、数種類あるので、どのケーブルをどの機器に接続するのか少し迷ったりもします。もちろんメーカ側もケーブル毎に大きく数字の記載したシールでわかりやすくはしているのですが、それでもすんなりといかなかったりします。

え、でも最初だけ接続していれば問題ないんじゃないの?と思われるかもしれないのですが実は落とし穴があったりします。
実はPSVRを使用せず、PS4でゲームをプレイする際にはこのPSVR&HMDの接続を外さないといけなかったりします。
そうじゃないと、ずっと画面がPSVRを通してHMDに表示され続けちゃいます。

●イヤホン

イヤホンですが、別途HMD側に接続することになります。
これまた長いケーブルだったりするとゴチャゴチャ感が増したりします。
ただ、どのイヤホンでも使用できますので、短めのケーブルのイヤホンを使うなど対処は可能なので、その他のデメリット項目と比べると些細な問題かと思います。

●3D酔い

人によると思いますが、この3D酔いも少しあるかと思います。
実際『没入感が強い=映像の刺激が強い』こともあり、あまり最初酔わなくても長時間装着してプレイしていると披露から酔いが発生するかと思います。私も強い方では無いため、1時間程度で一旦休憩を入れないと疲れてプレイできなくなる事象が発生しました。

というようなことが発生して、どんどんPSVRで遊ぶことが少なくなって来てしまうんですよね。。

3.【おまけ】PSVR2に期待すること

上記デメリットが改善されていることを望みます。正直それだけで本当に良いと思います。それでいて小型化しれくれれば今の価格でも安いし、流行ると思います。
まだソードアート・オンラインのような未来的なものは技術的には無理でも、その一歩手前として、VR技術を完全に人類が掌握し、没入感というテーマを壮大に駆け抜けて欲しい次第であります。
と、まじめぽい結言を記載したところで、PSVR2はもっと流行ると良いですね、Sonyさん頑張って!と締めたいと思います。


本記事は以上となります。
ここまでお読み頂きありがとうございました。
でわでわっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。