【ローラードローム】ゲームトライアル感想・レビュー

2022年8月16日に発売された「ローラードローム」をPSPlusのゲームトライアル機能でプレイしましたので、その感想レビューを綴っていきたいと思います。

●公式サイト
https://store.privatedivision.com/ja/game/rollerdrome

●公式Youtube

【補足】
本記事ではPS5(PS4版)にてプレイし、それを元に記事を執筆しています。
ソフトはPS4、Steam版があります。

銃撃ちながらローラースケートって斬新ですね。昔プレイしたジェットセットラジオ的なのを想像していますが実際どうでしょうか

1.どんなゲーム?

コース内にいる敵を次々と倒し、最後の一体を倒すとそのステージはクリアというステージクリア型のTPSでした。
弾の装填は独特で、コースをローラースケートで走りトリックを決めることで、弾を装填するというシステム。
また、ドッジという回避するアクションがあるのですが、タイミングが完璧な場合であるパーフェクトドッジが発生することでも弾を装填してくれます。
そのため、ただ敵を倒すだけでなく、合間合間にトリックを行い、弾を装填しながら戦うことになります。

銃で敵を倒しながらコースをスケートで走り回るなんて、なんて忙しいゲーム。。

正直最初思ったのはこんな感想でした。

しかし、慣れてくると次々と敵を倒す爽快感に打ちひしがれます。
ただ初期の装備だからかわかりませんが、1発では倒せないため、何度も同じ敵を狙い撃つ必要があり、もう少しテンポよく倒せればなと感じました。

ステージクリア後には、ステージのチャレンジの達成度やスコアが表示されます。
始めたてなので、スコアしょぼしょぼです。

カメラですが、ちゃんとX軸、Y軸どちらも反転可能でした。

敵にはスナイパーライフルのような銃を持った敵も出現。
レーザーサイトがバッチリ見えるので、どこから狙われているかは一目瞭然。だけど撃たれます。。

体力の回復には、特定の敵を倒すことで、回復アイテムがドロップし、それを拾うことで回復します。
アイテムで回復でないため、体力が少なくなってくる場面では、返り討ちを気にして中々攻める判断がし辛いです。

2.良かった点

●コミック風なデザインがGOOD!

リアル3D系やアニメ風な3Dがデザインの主流な昨今、コミックテイストなデザインが印象的でした。
ストーリーも、このコミック風なテイストをそのまま導入してくれれば、もう少しわかりやすいかと感じましたが、そのような演出はありませんでした。

敵にやられたときも、でかでかと「撃破」の文字が逆に清々しいです。くやしいけど!

●操作しているだけで楽しい

ローラースケートで走ったり、飛んだりできるのが、操作していて、とても楽しいです。
絶対に転けないシステムなので、そのあたりのストレスも無いのが良かったです。
敵に攻撃され、石で躓いてともなれば踏んだり蹴ったりですもんね(´Д⊂ヽ
トリックもいくつかあり、俺つええええというよりも、俺かっこえええってゲームなのかもしれませんね。

3.不満点

●完全ソロ用のゲーム

マルチモードは無く、完全ソロ用のゲームでした。
世界観や設定がスポーツちっくなゲームなので、よくある3VS3形式でマルチで遊べるというのも話題になって良いかとも思いました。

●万人受けはしなさそう

ローラースケートでトリックを決めて、という部分。
スポーツゲームをある程度プレイする人は問題ないのですが、あまりプレイしない人はすぐ飽きてしまうかもしれないと感じました。リロードする、という目的がありますが、そのためにトリックをしては面倒と思う人は少なからずいるかと感じました。

●難易度選択が欲しい

私自身プレイしていて難易度が少し難しいと感じました。
段階的に操作を慣らす場面が無く、簡単なチュートリアルを少しプレイした後いきなり本番で試合をすることになります。
プールで遊んでいたら、急に日本海…そんな気分を味わいました。
また、敵の種類もひっそりと増えていき、コチラの武器は変わらず(プレイが短かったため、進捗により増えるかもですが)で、理不尽さを感じました。

4.まとめ

ゲームのシステムやデザインなど、正直人は選ぶゲームだと感じました。
あと慣れるまで難しいので挫折しやすい人は、あまり楽しめないかと思いました。
マルチもないので投げ出す人が続出しそうな印象です。
ローラースケートで敵をバンバン倒していくゲームをプレイしてみたい人は他に類似ゲームはあまり見ませんので、オススメな作品かもしれません。

本作品のポイント

●ローラースケートで走るのが楽しい!
●敵を華麗に倒していける(慣れればですが

本記事は、以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
でわでわっ!

©2022 Take-Two Interactive Software Inc. All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。