【ゲームレビュー】PS4版『となりに彼女のいる幸せ~Winter Guest~』

冬の寒空にあったかい先輩モノは如何でしょうか。
はい、今回のレビューはPS4版『となりに彼女のいる幸せ~Winter Guest~』になります。
プレカノ制作のPC版が原作のコンシューマ版で、選択肢は無いノベルゲームになっております。
今回も全力ネタバレ回避レビューをしていきたいと思います。

1.スペック

クリックで展開します!
下記情報は記事公開時点の情報となります。
■公式サイトhttp://www.entergram.co.jp/tonakaiw/
■タイトルとなりに彼女のいる幸せ~Winter Guest~
■対応機種PlayStation©4/PlayStation©Vita
■発売日2018年6月28日
■価格通常版2,480円(税抜)
プレミアムエディション6,480円(税抜)
PlayStation©4/PlayStation©Vitaダウンロード版1,980円(税込)
■CEROD(17才以上)
■販売元エンターグラム
■画像の出典画像は全てハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
■権利表記©プレカノ/ENTERGRAM

2.どんなゲーム

とある事情からボランティア活動を担任から命じられた主人公。

そのために向かった生徒会は何故か生徒会長(のヒロイン)幸村志穂(ゆきむらしほ)ただ1人の生徒会でした。

ヒロインについては、プレカノシリーズでは基本1人に絞っているため、本作品も1人でした。

選択肢がない読み進めるタイプのノベルゲームでした。

3.良い点

先輩もの

年上の女性の学園モノ=先輩モノというジャンルでヒロインがとても可愛らしいキャラでした。
あまりしっかりとした感じではなく、ツンツンもしてないので、少し好みが分かれるかもしれないです。
(個人的におっとりお姉さん系が好きですのでドハマリしました!)

冬がテーマ

冬を題材にしているため、イベント内容がクリスマスや年末をチョイスされています。
そのため、冬にプレイするとより一層この世界観に引き込まれると感じました。
ただヒロイン一人でその他キャラも出てこないため賑やかなイベントでは無いところだけ要注意です!

4.不満点

特に無し

内容、イラスト、BGMそれぞれ完成されていましたので特に不満な点はありませんでした。
主人公も特に鼻につくような人格の設定では無いので、あまり気になりませんでした。

5.プレイ状況

プレイ時間3時間
トロフィー状況トロコン済み(プラチナトロフィーは無し)
トロフィー難易度易しい(難しい>普通>易しい)

6.まとめ

プレカノシリーズは短いことは別作品で既知だったので
プレイ時間は不満点には入れませんでした。

本作品のポイント

●ふわふわな先輩モノ!
●季節感は冬
●ライトな感じでサクサクプレイ!

あまりこういうゲームをプレイした事がなく、先輩モノを試してみたいと思っているユーザにピッタリの作品だと感じました。

本記事は、以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
でわでわっ!


●しらせの個人評価指数:★★★★☆

面白さ★★★★☆各イベントでヒロインの台詞回しは良く考えられていて楽しめました。
操作とゲームプレイ★★☆☆☆よくあるADVゲームのシステムは入ってるので気になることはありませんでした。
シーンジャンプは無いため、途中セーブがないとスキップするしかありません。
グラフィック★★★★★ねこにゃん先生のイラストはとても可愛らしく、安定した完成度があります。
サウンド★★★☆☆あまり印象に残るBGMは個人的にはありませんでした。
ただ、場面に合わないものはありませんでした。
リプレイ性★☆☆☆☆ADVゲームの特性上リプレイ性は無いです。
となりに彼女のいる幸せ~Winter Guest~ 通常版 – PS4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。