【Stray】感想・レビュー

犬派、猫派、あなたはどちらですか?
私は猫派ですが、親が犬派なので犬を飼っています(#^.^#)ぐぬぬ

ということで、サイバーパンクな世界で猫ちゃんを操作してアンニュイな世界を楽しむ「Stray」を早速クリアしましたので、プレイしようかなと迷っている方は参考になさってください~。

ちなみに私自身猫ちゃんを操作するゲームは人生初めてプレイしました。
中々他作品でワンちゃんを操作することはあっても猫ちゃんは操作することは少ないのかもしれませんね。
少し調べたところTOKYO JUNGLEで操作できたようです。

1.スペック

クリックで展開します!
下記情報は記事公開時点の情報となります。
公式サイトhttps://www.playstation.com/ja-jp/games/stray/
タイトルStray
ジャンルアドベンチャー
画像の出典画像はハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

2.どんなゲーム

主人公(猫ちゃん)を操作して、各ステージのギミックを解きながら進めるタイプのアドベンチャーゲームでした。
今流行のオープンワールドではなく、各ステージごとに区切られたマップを探索することになります。

操作方法としては、移動、走る、泣く、ジャンプ、ライトを照らす(B12と呼ばれる機械により)と単純明快。回避はありませんでした。(すごいしたい。。。)

似たようなゲームだとバイオハザードシリーズが似てる気がしました。例えばアイテムを探して、通れない場所を通れるようにしたり、という感じが多かったです。

あとZurkというモンスター(正確にはネタバレになるかもなので控えます)が出現するため、物語全編を通して平和なゲームではありませんでした。猫ちゃんの体に吸い付き、追い払えないとそのままゲームオーバーなんてことも。
真っ赤な画面になり、猫ちゃんも力なく倒れ込むので、哀しい気持ちになります。

このモンスターと戦う(逃げる)場面は多々遭遇するのですが、猫ちゃんは武器を持たないため(一部局所的ではあるが対抗策あり)ダッシュやジャンプで逃げることが本作のベースとなる戦法でした。
ここで前述した回避などのアクションが無いため、全力で走ることになります。
うおおおお、猫ちゃん逃げててエエエと心の中でそう思うのでした。

こんなゲーム

●猫ちゃんを操作して次々と立ちふさがる問題を攻略
●猫ちゃんは猫ちゃんなので戦えないよ!

3.良い点

3-1.猫ちゃんがかわいい

この一言につきます。(真顔)
操作せずに放置すると猫ちゃんが自然な仕草を見せてくれたりと作りが凝っているので、猫ちゃんに癒やされたいだけの人にもオススメ!
また猫ちゃんはリアル志向なので、デフォルメされた猫ちゃんはちょっと苦手でという人(あまり出会ったことはありませんがw)にも良いと思いました。

3-2.雰囲気

本作のPVなどはサイバーパンクな街(ロボットの住人やネオンが光る街)を猫ちゃんで遊べる!という感じでしたがプレイしてみたところ、サイバーパンクな場所は割りと一部でした。
いや、全体の雰囲気もそうなのかもしれませんが、あまりサイバーパンクではない場所も多くありました。
個人的には廃墟+自然というのがニーアオートマタを彷彿とさせました。
サイバーパンク2077をプレイしてから、同じようなのを期待しているとコレジャナイ(サイバーパンク要素が薄い)感を味合うかと思います。

3-3.BGM

前面に出て来ないですが、通常探索するときに流れているBGM(ランダムで切り替わる仕様)が個人的に好みでした。
どのBGMもゲームデザインと合っていて、かつ心地よくゲームを邪魔しておらず、素晴らしかったです。
この曲がと友人と話す場合は、曲名が一切出て来ないので、その点あとからBGMモード追加してもらえると助かります。(ないですかね、、)

3-4.難易度

本作ですが、難易度選択は無かったです。
ただ、あまりゲームをしない人にもプレイし易いように、ストーリーをクリアするにあたっては難易度は高くされていないように見受けられました。
トロフィーの一部は何回もチャレンジしないとだめだったりしますが、ストーリーを進めるだけであれば、ゲームオーバーになることは少なく万人受けしやすいような調整をしているんだなと感じました。
ただ、どこに行ったらいいの?!という場面は少しあり、そのあたりはPS5のヒント機能に組み込まれているため、それを見れば大丈夫!という親切設計なので、迷いやすい人でも安心してプレイできると思います。

4.不満点

4-1.ストーリーは短い

ストーリー自体は短いです。私自身何も考えずにプレイして4時間30分程度でクリアしました。
やりこみ要素は、マップを探索してメモリーというデータを集めるというのがあるのですが、そこまで多くも無いため、ボリュームは感じにくいと思いました。

4-2.カメラ

狭い場所だと、カメラが猫ちゃんスレスレの位置になり見えづらい場面がありました。
Zurkから逃げる場面だとそれがストレスになりやすいかなと思いました。
カメラ自体はヌルヌル動くし、暴れることも無いので、他のゲームで挙げるほどの不満では本作は無かったです。

5.正直買ってプレイすべき?

ロープライス作品なのであまり時間がないけどクリアした実感がほしい、という人には最適でそういう人は購入を検討してみてほしいです。

あと現在PSPlusのエクストラ以上だと無料でプレイできます。
エッセンシャルからアップグレードしてまでプレイするべきかは正直微妙なところですが、その他プレイできるゲームは多くあるため、他にもプレイしたい作品があれば、是非アップグレードしてプレイしてみてください!

6.まとめ

さて、ここまでつらつらと書いてきましたが、猫ちゃんの魅力が少しでも伝われば幸いです。
とりあえず色々書いていますが、「猫ちゃんは可愛い!!!!」がポイントなので、そこでプレイを決めてみてくださいw

本作品のポイント

●猫ちゃんを操作可能な激レアゲーム
●各ステージクリア型サイバーパンクにゃんこ物語

本記事は、以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
でわでわっ!


©2022 BlueTwelve Studio Ltd. Published by Annapurna Interactive under exclusive license. All rights reserved.
Annapurna Interactive Privacy Policy & EULA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。